自動車検査員試問 練習問題95


普通貨物自動車の速度計の指度について、速度を速度計試験機を用いて計測したところ、当該自動車の速度計が40km/hを指示したときの速度計試験機の指示が43.0km/hであったので、基準に適合とした。

クリックで解答を表示(〇か×か)
×


普通乗用自動車(最高速度180km/h)の速度計の誤差を速度計試験機を用いて計測したところ、自動車の速度計が40km/hを指示したときの速度計試験機の指示が44.0km/hであったので基準に適合とした。

クリックで解答を表示(〇か×か)
×


普通乗用自動車の速度計の誤差を速度計試験機を用いて計測したところ、自動車の速度計が40km/hを指示したときの速度計試験機の指示が43.0km/hであったことから基準に適合とした。

クリックで解答を表示(〇か×か)
×


普通貨物自動車の速度計の指度について、速度を速度計試験機を用いて計測したところ、当該自動車の速度計が40km/hを指示したときの速度計試験機の指示が42.0km/hであったので、基準に適合とした。

クリックで解答を表示(〇か×か)


普通貨物自動車の速度計の誤差を速度計試験機を用いて計測したところ、自動車の速度計が40km/hを指示した時の速度計試験機の指示が30.0km/hであったことから基準に適合とした。

クリックで解答を表示(〇か×か)
×


最高速度が180km/hである小型二輪自動車の速度計の指度について、速度を速度計試験機を用いて計測したところ、当該自動車の速度計が40km/hを指示した時の速度計試験機の指示が30.0km/hであったことから基準に適合とした。

クリックで解答を表示(〇か×か)


普通乗用自動車に備えられた速度計について、速度が「mile/h」で表示されていたので、基準に適合とした。

クリックで解答を表示(〇か×か)
×


普通乗用自動車に備えられた速度計について、速度がkm/hで表示されなかったので基準に不適合とした。

クリックで解答を表示(〇か×か)