自動車検査員試問 練習問題40


音量計は聴感と近似した騒音の大きさを測定できるようにFAST特性及びSLOW特性の聴感補正回路を備えている。

クリックで解答を表示(〇か×か)
×


音量計は指示計の動特性としてFASTとSLOWを有しているが、自動車の近接排気騒音測定にはSLOWを用いる。

クリックで解答を表示(〇か×か)
×


騒音の大きさを測定するには、測定器に人間の聴感を加味した機能を持たせる必要があるため、音量計及び騒音計は一般的にはA特性及びC特性の聴感補正回路を備えている。

クリックで解答を表示(〇か×か)


騒音計を用いて自動車騒音を測定するとき、動特性は、早い動特性(FAST)をとした。

クリックで解答を表示(〇か×か)


検査用機器は、備付け又は前回の校正の日から1年以内に校正を受けなければならないが、騒音計については、3年毎に計量法に基づく検定を受けなければならない。

クリックで解答を表示(〇か×か)
×


一酸化炭素測定器及び炭化水素測定器のフィルタは、1週間毎に汚れの状態を点検しなければならない。

クリックで解答を表示(〇か×か)
×


一酸化炭素測定器及び炭化水素測定器は、排出ガス検出器及び増幅器などの感度を補正するため、標準ガスを用いて定期的に校正しなければならない。

クリックで解答を表示(〇か×か)


一酸化炭素測定器及び炭化水素測定器のスパン校正は、標準ガスを用いて3ヵ月点検で行わなければならない。

クリックで解答を表示(〇か×か)
×


一酸化炭素測定器及び炭化水素測定器のスパン校正は、基準にする自動車を用いて定期的に校正しなければならない。

クリックで解答を表示(〇か×か)
×


一酸化炭素測定器及び炭化水素測定器のスパン校正は、標準ガスを用いて定期的に行わなければならない。

クリックで解答を表示(〇か×か)


一酸化炭素測定器及び炭化水素測定器のスパン校正は、週に一回以上行うこと。

クリックで解答を表示(〇か×か)