自動車検査員試問 練習問題35


指定自動車整備事業の車両置場は、「当該事業場の屋内現車作業場の面積×0.3」以上の面積が必要である。

クリックで解答を表示(〇か×か)


指定自動車整備事業における車両置場の面積は、当該事業場の屋内現車作業場面積の( ① )割以上の面積が必要である。

クリックで解答を表示
①3


指定自動車整備事業における車両置場の面積は、当該事業場の屋内現車作業場面積の2割以上の面積が必要である。

クリックで解答を表示(〇か×か)
×


指定自動車整備事業の設備における車両置場の面積は、屋内現車作業場の( ① )%以上必要である。

クリックで解答を表示
①30


指定自動車整備事業において、車両置場は、屋内現車作業場面積の0.4倍以上の面積が必要である。

クリックで解答を表示(〇か×か)
×


指定自動車整備事業の指定基準において、車両置場は、屋内現車作業場面積の( ① )倍以上の面積が必要である。

クリックで解答を表示
①0.3


屋内現車作業場の面積が120㎡である指定自動車整備事業場で、車両置場の面積が35㎡であったので車両置場の基準に適合している。

クリックで解答を表示(〇か×か)
×


ホイールへのタイヤ脱着作業を行う指定自動車整備事業の事業場には、ホイール・バランサを備えなければならない。

クリックで解答を表示(〇か×か)


指定自動車整備事業者が備える機会工具及び計器類にうち、フリー・ローラーは必ず保有していなければならない。

クリックで解答を表示(〇か×か)
×