自動車検査員試問 練習問題49


適合証等の訂正は、誤記訂正箇所を抹線(横2本)で抹消し、その上部等に挿入記載するとともに適合証等の上部余白に何字抹消、何字挿入と記載し、検査員の印を押印する。

クリックで解答を表示(〇か×か)
×


適合証の訂正は、誤記訂正箇所を抹線(横2本線)で抹消し、その上部等に挿入記載するとともに適合証の上部余白部に何字抹消、何字挿入と記載し、( ① )印を押印する。

クリックで解答を表示
①事業者


保安基準適合証は、いかなる場合でも再交付することはできない。

クリックで解答を表示(〇か×か)
×


保安基準適合証は、その有効期間内に紛失又は棄損したものに限り、再交付することができる。

クリックで解答を表示(〇か×か)


保安基準適合証、保安基準適合標章及び限定保安基準適合証の再交付は、検査の日から15日以内に( ① )又は棄損したものに限る。

クリックで解答を表示
①紛失


保安基準適合証、保安基準適合標章及び限定保安基準適合証の再交付は、交付の日から15日以内に紛失又は棄損したものに限る。

クリックで解答を表示(〇か×か)
×


一時抹消登録を受けた小型貨物自動車(最大積載量:1.5t/車体形状:バン)の新規検査に際し、当該自動車に係る有効な保安基準適合証の提出があった場合には、当該自動車は、国土交通大臣に対する提示があり、かつ、保安基準に適合するものとみなす。

クリックで解答を表示(〇か×か)
×


一時抹消登録を受けた小型貨物自動車(最大積載量1.5t/車体形状:バン)の新規検査に際し、当該自動車に係る有効な保安基準適合証の提出があった場合、当該自動車の提示は必要ない。

クリックで解答を表示(〇か×か)
×


一時抹消登録を受けた小型貨物(最大積載量:1.5t/車体形状:バン)の新規検査に際し、当該自動車に係る有効な保安基準適合証の提出があった場合であっても、当該自動車の提出が必要である。

クリックで解答を表示(〇か×か)