自動車検査員試問 練習問題98


乗車定員11人以上23人以下の旅客自動車運送事業用自動車であって車両総重量5t以下に備える乗降口の階段(幼児専用車に備えるものを除く)の有効幅、有効奥行及び有効蹴り込みは、下の表に掲げる踏段の種類に応じ、それぞれ同表の有効幅、有効奥行及び有効蹴り込みの欄に掲げる範囲であること。ただし、乗降口から直接着席できる座席のためのみの乗降口の踏段にあっては、この限りではない。

踏段の種類 有効幅 有効奥行 有効蹴込み
最下段の踏段 ( ① )㎜以上 ( ② )㎜以上 ( ④ )㎜以下
その他の踏段 ( ① )㎜以上 ( ③ )㎜以上 ( ④ )㎜以下

クリックで解答を表示
①400 ②230 ③200 ④100


乗車定員は、( ① )、座席、座席に準する装置及び立席の定員の総和とする。この場合において、患者輸送車、身体障がい者輸送車又は救急車に備えられる( ① )又は専ら車いすを設置するために設けられた場所に備えた車いすを固定するための空間と装置は、座席に準ずる装置として取り扱うものとする。

クリックで解答を表示
①運転者席 ②寝台


立席定員は、立席面積の合計を( ① )㎡で除して得た整数値とする。

クリックで解答を表示
①0.14


幼児用座席を備える幼児専用車の乗車定員は、幼児用座席に乗車する小人定員を1.5で除した整数値とその他の乗車装置に乗車する大人定員の和である。

クリックで解答を表示(〇か×か)